top of page
  • 執筆者の写真masahiro kusuoka

管外調査後半(宮城県)

東北視察の後半は宮城県へ。

林業技術総合センターでは担い手育成の取組を

いしのまきファームでは農福連携の事例を


そして仙台市企業支援センターではスタートアップ支援、

最後に宮城県議会でZ世代の取組むプロジェクトを視察しました。


いずれの視察先でも人手不足は大きなテーマで、各分野各業界による人材確保への努力が伺え、この切磋琢磨の取組が雇用環境の改善に繋がっていくのだと感じました。

一方で人材は有限でもあります。従来の仕事の仕方を整理工夫して、シンプルかつ効率的に変えていく事も大切な観点だと思っています。


足し算だけでなく、引き算の努力。意外とこれが難しいのですが、避けては通れない道だと思います。

閲覧数:20回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page