top of page
  • 執筆者の写真masahiro kusuoka

管外調査(2日目)

静岡県医療健康福祉産業研究開発センター、通称ファルマバレーセンターにて産官学に金融を加え、医療城下町をコンセプトとした活動を視察しました。

義肢装具士として福祉用具は馴染みが深いので、とても興味深く拝見させて頂きました。

離床をサポートするベッドなど「自身で歩くこと」を大切にする健康寿命を意識した取り組みがたくさんありました。

午後は静岡県庁にて、南海トラフへ防災減災への取り組み、そして3Dデータを活用した防災シミュレーション等を学びました。

静岡県全体を上空から3Dスキャンするという壮大な施策で、さらにオープンデータにする事で、様々な開発や実験といったイノベーションが集積する土台が出来つつあるように感じました。


閲覧数:22回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page