top of page
  • 執筆者の写真masahiro kusuoka

京都府茶品評会及び優良茶園品評会賞授与式並びに茶業研修会

2/15(木)開催の京都府茶品評会及び優良茶園品評会賞授与式並びに茶業研修会に参加して参りました。

ある意味ではとてもシビアではありますが、生産者の方々お一人お一人の努力を大切に評価された結果だと感じました。

研究報告会では製茶技術の一部をデジタル化する試みが紹介されました。

当然まだ熟練技術者には及ばない段階ではありますが、デジタル化は熟練技術と相反するものでは無く、技術継承の一つのカタチとして活用していくものだと思います。

特に人手不足や担い手不足の昨今は、新たなアプローチにより、眠っていた技術やノウハウを改めて仕組み化したり、本質を見つめ直すキッカケにもなると思います。

閲覧数:13回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page